薬液用高圧蒸気滅菌のサクラ精機


ホーム › 製品情報 › サクラ薬液用高圧蒸気滅菌装置 ΣⅢ YR 

サクラ薬液用高圧蒸気滅菌装置 ΣⅢ YR

グラフィックディスプレイ、リフラッシュ(再蒸発)システム、予約タイマー、打点式記録計などを採用した薬液用高圧蒸気滅菌装置です。滅菌性能はもちろん、さらに使いやすく、運転の管理、メンテナンスにいたるまで作業の効率アップを実現します。また、薬液滅菌時のトラブルなどを未然に防止するために、きめ細やかな配慮もしています。
 

サクラ薬液用高圧蒸気滅菌装置の写真

運転管理も容易な打点式記録計

運転中におけるチャンバー温度・圧力・サンプル温度の3点を記録します。異常が発生した場合は、異常マーカーを、工程完了時には完了マーカーを打点します。


トラブルのない排気・減圧操作

リフラッシュ状態で排気を行うため急激な圧力変化がなく、より安全、確実に排気されます。減圧操作はサンプルボトル内温度により排気温度をコントロールするため、薬液滅菌時のトラブル(薬液の突沸による破瓶など)を防止することができます。


プラスチックボトルの滅菌も可能な加圧コントロール

チャンバ内とボトル内圧力の差異をコントロールする、加圧コントロール(SKC・SLPC)によりプラスチックボトルの滅菌も可能となりました。ボトルをほとんど変形させることなく、滅菌が可能です。(圧縮空気が必要です。)


安心機能

設定時間後に装置をスタートできる予約タイマーを内蔵。設定時刻より23時59分後までの設定が可能です。


製品仕様


(注)オプションのコンプレッサー(コントロール)を取り付ける場合には、別途AC100V 50/60Hz 8Aの電源が必要です。
※1 JIS規格500mLビンの収納数です。
※2 SLC、SLPC仕様の時に必要です。
※3 SLC、SLPCにおいてオプションの加圧コントロール用のコンプレッサーを使用した場合に必要な電源です。
■医療機器承認番号
∑ⅢYR-B-SL : 22000BZX00081000
∑ⅢYR-B-SLC : 22000BZX00082000
∑ⅢYR-B-SLP : 22000BZX00083000
∑ⅢYR-B-SLPC : 22000BZX00084000
∑ⅢYR-O-SL : 22000BZX00085000
∑ⅢYR-O-SLC : 22000BZX00086000
∑ⅢYR-O-SLP : 22000BZX00087000
∑ⅢYR-O-SLPC : 22000BZX00088000


仕様

蒸気滅菌
処理
シャワー滅菌
処理
シャワー冷却
処理
乾燥又は
消蒸処理
加圧コントロール
滅菌処理
SL


×
×
SLC


×

SLP



×
SLPC




※上記仕様の名称は製品型式の後に記載します。(例:ΣIIIYR-B06 SLPC)




製品情報

ICeberg

▲ ページトップへ