このホームページについて-ニュース&トピックス


ホーム › ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

医療情報マガジン「ICeberg」第22号発行のお知らせ  【会社】製品情報

2022年6月13日

医療情報マガジン「ICeberg」22号が発行となりました。本号では、東京大学医学部附属病院 深柄 和彦先生に「医療現場における滅菌保証のための施設評価ツールVer.1.0」概要の解説を、鈴鹿医療科学大学附属 桜の森病院 看護師長 海野 知美様に「緩和ケア施設におけるマセレーター導入事例について」を寄稿いただきました。
ぜひご覧いただけます様お願い申し上げます。


サクラ自動内視鏡処置具洗浄装置 TUS-250 代替装置取扱い開始のお知らせ  重要なお知らせ

2022年4月1日

この度、昨年4月に販売終了とさせていただきました「サクラ自動内視鏡処置具洗浄装置 TUS-250」の代替装置として、「ステリス社製InnoWave™ PCF ソニックイリゲーター」の取扱いを開始させていただく運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
本商品に関するお問い合わせは、お近くの弊社営業所へご連絡をお願い致します。


医療情報マガジン「ICeberg」第21号発行のお知らせ  【会社】製品情報

2022年2月16日

医療情報マガジン「ICeberg」21号が発行となりました。本号では大阪大学医学部附属病院 高階 雅紀先生に「滅菌保証のガイドライン2021年版の概要」を寄稿頂きました。ぜひご覧いただけます様お願い致します。


弊社紹介記事が掲載されました  【会社】会社概要

2022年1月28日

独立行政法人 国際協力機構(JICA)東京のトピックスで弊社が紹介されました。


2021洗浄総合展 出展のお知らせ  重要なお知らせ

2021年10月15日

2021洗浄総合展 出展のお知らせの写真 生産現場の金属加工や自動車、電子・精密部品など多様な業種に合わせ、洗浄機器・システム・洗浄剤など産業洗浄に関する最新製品・技術を一堂に展示・公開いたします。

テーマ:洗浄が拓く、モノづくり日本。


【リアル会場】

会期
2021年12月1日(水)~3日(金) 10:00~17:00
会場
東京ビッグサイト 西ホール
入場料
1,000円(事前登録者、招待状持参者、中学生以下は無料)

【オンライン会場】

会期
2021年11月24日(水)~12月10日(金)
会場
オンライン上
入場料
無料(登録制)


医療情報マガジン「ICeberg」メールマガジン配信のお知らせ  【会社】製品情報

2021年10月1日

このたびメールマガジン申込受付を開始いたしました。医療情報マガジン「ICeberg」発行のお知らせやお役に立つ情報をメールマガジンでお届けいたします。皆様のお申し込みをお待ちしております。


医療情報マガジン「ICeberg」第20号発行のお知らせ  【会社】製品情報

2021年9月28日

医療情報マガジン「ICeberg」20号が発行となりました。本号では倉敷中央病院 荻野 栄二先生に「JCI施設での中材部門における対応について」を、名古屋市立大学医学部附属西部医療センター 藤本 千春先生に「過酸化水素滅菌装置の更新を通じて感じたこと」を寄稿頂きました。ぜひご覧いただけます様お願い致します。


カスタマーセンター フリーダイヤル一時停止のお知らせ  重要なお知らせ

2021年8月25日

平素はサクラ精機製品を御愛顧いただきありがとうございます。

このたび、以下日時にて弊社本社ビル電気設備のメンテナンスを実施させて頂きます。
メンテナンス中はカスタマーセンターのフリーダイヤルはご利用いただけなくなります。
ご利用者の皆様にはご迷惑をおかけいたしまして恐縮ですが、ご理解ご協力の程、
宜しくお願い申し上げます。


メンテナンス日 : 2021年9月5日(日曜日)
予定時間 : 9:00~11:00 (予定)


医療情報マガジン「ICeberg」第19号発行のお知らせ  【会社】製品情報

2021年5月20日

医療情報マガジン「ICeberg」19号が発行となりました。本号では神戸女子大学 洪 愛子先生に「COVID-19禍での経験は今後に活かせるか~今だからこそ、ともに頑張りましょう~」を、熊本セントラル病院 川辺 雅美先生に「病院建設計画における感染管理認定看護師の役割~患者さんやスタッフに安心安全な環境を提供するために~」を寄稿頂きました。ぜひご覧いただけます様お願い致します。


サクラ自動内視鏡処置具洗浄装置 TUS-250販売終了のお知らせ  【会社】製品情報

2021年4月16日

サクラ自動内視鏡処置具洗浄装置 TUS-250は販売終了とさせていただきます。同製品をご愛顧下さったお客様には御礼申し上げるとともに、ご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。




このホームページについて



▲ ページトップへ