DDC Dolphin社マセレーターシリーズのサクラ精機


ホーム › 製品情報 › DDC Dolphin社マセレーターシリーズ Uno/ULTIMA 

DDC Dolphin社マセレーターシリーズ Uno/ULTIMA

マセレーターは再生紙で作られた単回使用の便尿器等を汚物ごと粉砕、排水処理を行うことができる装置です。処理時間は最大2分間となり業務効率やランニングコストの節減に貢献。フタの開閉はセンサーを用いたハンズフリー式が採用され、装置に触れずに操作ができるため作業者の安全にも配慮されています。
 

DDC Dolphin社マセレーターシリーズの写真

製品カタログダウンロード 製品カタログダウンロード

2種類のラインナップ

マセレーターは1~2個処理用のUno、1~6個処理用のULTIMAの2種類となります。(パルプ容器の種類により異なる場合があります。)



ハンズフリー(非接触)運転

ハンズフリー(非接触)による運転のため、作業者の安全に配慮されています。



仕様

マセレーターUno
マセレーターULTIMA
外形寸法 W400 x D510 x H975mm
W500x D600 x H1,042mm
装置重量 約55Kg
約85Kg
運転毎の処理数 パルプ1-2個
パルプ1-6個
運転毎の処理時間 約65秒
約120秒



製品情報

マセレーター レンタルサービスのご案内

▲ ページトップへ